野良猫喫茶 
日曜日, 1月 24, 2010, 09:30 PM - 近況

黒猫:・・・・・



黒猫:お、いらっしゃい



黒猫:すまねぇ、最近暖かくなったから呆けてた



茶猫:あらお客さん、いらっしゃい
黒猫:早く注文をお聞きして


という写真が写真を整理していたら出てきました。
  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3 / 1168 )

厳し過ぎるルールは守られない上に守らせれない 
月曜日, 1月 11, 2010, 09:05 PM - 戯れ言
厳し過ぎるルールがあると、人や組織はそれを守れない。
誰も守れないルールはいずれ誰も守ろうとしなくなる。
誰も守らなければ取り締まりのしようもなくなるので、
もはやルールを守らせることも出来なくなる。
そうなると、そのルールが有った箇所は無法地帯となる。

最低賃金を例に取ると、
現状では表向きは最低賃金をクリアしている会社も
実際にはサービス残業や理由を付けて減給するなどして、
最低賃金を下回ることが横行している。
昨今のほとんどのサービス残業は経営者が人件費をケチるためではなく、
人件費を下げないと経営が立ち行かないから行われている。
故に守らないではなく、守れないのが現実だろう。

某政党が最低賃金の引き上げを画策しているが、
この状況下でそんなことをすれば、
守れないのが当たり前になり、誰も守らなくなってしまう。
そして最低賃金が無視されるようになり、今より酷い状況に陥る。


どんなルールでも守られなければ意味がない。
むしろルールはあるけど誰も守らないというのは無法地帯よりもたちが悪い。
無法地帯なら「ルールを作ろう」というモチベーションが働くが、
ルールはあるけど誰も守らない状態だとモチベーションを働かせ難いからだ。

素直に現状が無法状態であることを認め、
「ルールはあるけど守られていないので緩和した後、取り締まりを厳しくします。」
とでもいえば良いものを、現状を見ずに安易に最低賃金の引き上げに走るのは、
そんなに政治家や役人は頭を下げたくないように見える。

# でも某政党の党首や幹事長は外国にはやたらと頭を下げてるか。

  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3 / 856 )

高校・中学新卒者の就職内定状況がやばい件 
木曜日, 12月 10, 2009, 09:15 PM - 時事ネタ
厚労省の発表によると高校と中学の新卒は22,000人(求職者数 ― 求人数)の就職が決まっていないとのこと。

出展:平成21年度高校・中学新卒者の就職内定状況等(平成21年9月末現在)について
〔高校新卒者〕(第1表)
 (1)就職内定者数は6万6千人(前年同期比32.7%減)であり、
    就職内定率は37.6%で、前年同期を13.4ポイント下回る。
    就職内定率を男女別に見ると、男子は42.6%
    (前年同期を15.1ポイント下回る)、女子は31.3%
    (前年同期を11.3ポイント下回る)。
 (2)求人数は15万6千人で、前年同期に比べ46.7%減少。
 (3)求職者数は17万6千人で、前年同期に比べ8.7%減少。
 (4)求人倍率は0.89倍となり、前年同期を0.63ポイント下回る。
〔中学新卒者〕(第2表)
 (1)求人数は8百人で、前年同期に比べ50.9%減少。
 (2)求職者数は2千8百人で、前年同期に比べ4.4%減少。
 (3)求人倍率は0.28倍となり、前年同期を0.27ポイント下回る。

一方、政府はJALへ7000億円規模の融資・出資を検討した。
給料とOBの年金が高すぎることが原因なのに、
それらを下げることを労働組合が反対するから、税金で埋め合わせるとのこと。
出展:7000億円規模のJALへのつなぎ融資・出資、政府保証を検討=政府筋

仕事に就けなかった高卒と中卒の新卒の人に200万円くらい出すと仮定すると
  440億円=200万円×22,000人
となります。

自分の会社のバランスシートも見れない連中に7000億円も出すくらいなら、
仕事に就けない若者向けの支援すればどうだろうか。
流石に丸々支給するわけにはいかないから補助金という形になるだろうが、
何もしない連中に税金をやるよりかなりマシだろう。

とりあえず、JALには乗らないようにしよう・・・( ゚Д゚)
  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 2.4 / 165 )

罪の意識は喰い物にできる 
月曜日, 11月 30, 2009, 12:00 AM - 戯れ言
罪の意識は喰い物にできる

人は失敗をする。
真っ当な人間は自分の失敗に罪の意識を持ち、
埋め合わせをしようとする。

これは悪用できる。
真っ当な人間に手に負えない大きな仕事を任せ、失敗するようにし向ける。
失敗した人間はオーバーワークをしてでも埋め合わせをしようとする。
時にはサービス残業をしてでも。

罪の意識無い上司の下に、罪の意識がある部下が付いた場合、
これは最悪の自体に発展する。
上司が部下に仕事を丸投げすれば、
部下は体を壊してでも仕事をしようとする。
部下が体を壊して仕事をできなくなれば他所にやり、
新しい罪の意識がある部下を探してくればよい。

今の世の中では真っ当な人から潰されてしまう。
できるなら真っ当な人間を喰い物にするやつを
潰してやりたいが私にはその力もない。
警察も労働基準監督署も無能ぞろいだから放置されている。

私には只々それらに巻き込まれないように逃げ回るしかできない。
我ながら非力なものだな・・・(´・ω・)

  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3.1 / 948 )

理想+現実→やるべきこと 
火曜日, 11月 3, 2009, 02:26 AM - 戯れ言
開発しているシステムの機能で0を登録すると停まることがわかった。
その機能はシステムの中でとても重要なものだった。
基本的に通常操作では0は入らないが、
誤差や有効数字の都合で入力値に特定の値をいれると
0で登録されてしまうことがわかった。

この問題については2つの対処法が考えられる。
・登録処理すべてに0を登録しようとしていないかチェックする
・問題となる機能で0で落ちないようにする
私は前者は当然行うべきだが登録処理は複数有るため、
重要な機能だから後者の対応も行うべきだと主張した。
他の潜在的な不具合により0が登録される可能性が0ではないからだ。
しかし、あるメンバーは前者で対応しているなら不要と主張した。
登録箇所はそれだけしかないから、そこで全て蓋をすれば良いといった。

万全を期すなら両方の対応をすべきだ。
それこそシステムの重要な箇所なら
フェイルプルーフとしても両方は必須だ。
もっとも、現実的には政治的、金銭的、時間的制約があるから
理想通りにものごと薦められない場合が多い。

私は理想を挙げ、現実と見合わせて何をやるかを決めようとした。
しかし彼は現実を見てできることを決めていたようだ。
私は、彼から見れば出来もしない理想を騙っているだけに見えたのかもしれない。

私自身、突飛な思考をしているから人に理解されにくいのはわかっている。
だから理解されないことには慣れているつもりだ。
でも突飛な考えについて理解しようとしない人が多いことは寂しいと思う。

まったく・・・(´・ω・)
  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3 / 487 )


Back Next