メイドの土産 
日曜日, 5月 20, 2007, 12:11 AM - 近況
ネットゲームで倒れてる知り合いの上に爆弾を置いて逃げた。
冥土の土産、というつもりだった。
間違って「冥土の土産」と変換するところを「メイドの土産」と変換した。

「いってらっしゃいませご主人さま♪」
といわれて土産を持って冥土へと旅立つのを想像した。
どうでもいいや。
疲れてるわ。
さっさと寝よう。

  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3.1 / 1076 )

本屋に行かなくなった 
日曜日, 5月 13, 2007, 11:30 PM - 戯れ言
本屋はいろいろな本を置いている。
目的の本があるときはそれを買いに行く。
そしてついでに面白そうな本がないか探す。
目的の本に関連することの本だったり、
知らないけど興味があることの本だったり、
全く関係ないことの本だったりと、いろいろと探す。
そして気に入った本があれば買うか次に買う候補にする。

最近ではインターネット通販が発達したため、
目的の本が決まっていれば最寄りのコンビニに取り寄せたり、
自宅に直送したりすることができる。
僕が買おうとする本は比較的マイナーなためか大抵は本屋に置かれていない。
だからインターネット通販は助かる。

マイナーな本はインターネット通販で取り寄せれる。
このためか本屋はマイナーな本を置かなくなった「気がする」。
僕は「もうマイナーな本は本屋にはない」と思っている。
だから最近はほとんど本屋に行かない。

マイナーな本でもどの本が欲しいかが確定しているなら
それこそ通販で取り寄せれば良い。
しかしマイナーな分野の本でどれを買うか迷うときは
本屋で比べてからどれを買うかを決定するけど、
最近は本屋に置いてないからそれが出来ないことが多い。
おかげで選ぶことができず、本屋に置いてある少ない中から選ぶしか出来ない。

以前は本屋の知らない分野のコーナーに行って
目に止まった本を手に取ったりをしたが、
今の本屋は売れる本しか置いていないからそれもしなくなった。

通販が発達する前は、
欲しい本を買おうとするときに一緒に次に欲しい本を決めていた。
しかし今では通販で欲しい本のみを買う。
食べ物の栄養素の摂取に似てる。
特定の栄養素を接種するために食べ物を食べて
一緒に食べ物に含まれる他の栄養素も摂取していたのに対し、
ビタミン剤のように特定の栄養素のみを接種するのに似ている。
つまり通販が発達したこと本の偏食が起こっているということだ。

通販で本を取り寄せるのはいいけど、
結果として本の偏食を引き起こしていると思う。
個人が通販で取り寄せてばかりというのならば
通販を辞めて本屋に行けば良い。
しかし本屋がマイナーな本を扱わなくなったらどうしたらいいのだろう。
ネットの口コミでも使うのだろうか。
それでもいいかもしれないが、
せめて自分の読む本は自分で選ぶ環境くらいは作って欲しいなぁ。


#酔っぱらいなので構成適当

  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3 / 970 )

続:コメントが付けられない件 
火曜日, 5月 8, 2007, 11:40 PM - 近況
他のPHPを触ってるときにセッション関連で妙な挙動に気がつき調べていたところ
このブログにコメントが付けられない理由にたどり着きました。
そしてそれが何故偶発的に起こっていたかもわかりました。
コメントをつけようとしてくれた方々にはご迷惑おかけしました。


以下は原因です。PHPがわからない人は読み飛ばしてください。
他のPHPはWebサーバーの権限で動作しているのですが、
このブログだけSPHPBLOGの都合上ユーザー権限で動作させていました。
細部の設定を行っていなかったため
1つのセッション管理のファイルを2つの権限が取り合いをしていました。
php.iniを作成してセッション管理のファイルを変更して対処しました。

  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3 / 980 )

極めた? 
火曜日, 5月 8, 2007, 11:23 PM - 戯れ言
「極めた」という単語をちらほらと聞く。
味わいを極めた、スポーツを極めた、セキュリティを極めたなど。
「極めた」ということは「極み」に立ったということになる。
そもそも「極み」は立つことができないから「極み」というわけであり、
「極み」は立つという意味を持つ「極めた」という単語を
使うのはおかしいのではなかろうか。
正しくは「極め続けた」とか「極みに近づいた」だろう。

何か一つのことを極め続けて競争して一番になったとしても、
他の人と比べて一番であるだけであって極みに立ったわけではない。
人と競争して極みに近づくことはできるが、
勝ったとしても極めたことにはならない。


ドラマや漫画やアニメの物語では一つの能力のスキルを極め、
それを応用して物事もこなしていくものが多いと感じる。
だが、おかしな点が一つある。
その手の物語では応用することを
「閃き」や「才能」に置き換えているが、「応用」は一種のスキルだ。
つまり物語の中で実際には一つの能力と応用の2つのスキルを持っているのに、
あたかも一つのスキルで物事をこなしているように見せている。

一つのスキルを極みに近づけるには「狭く深く」勉強、鍛錬する必要がある。
逆に応用のスキルを高めるには「広く浅く」勉強、鍛錬する必要がある。
この2つは相反するものである。
本来は同時に持つことができないのに
両方を持つから物語として面白くなるのだろうが、
あたかも一つのスキルのように書くのはいただけない。
まぁ物語というのは作り話だからそういうものか。

得意分野を作る必要はあるが、
一つのスキルを高めたくらいで世の中は渡っていけるほど甘くない。
人間らしい日常生活を捨て、寝ても覚めても研究、探求、鍛錬を続ける人たちの
粋になれば世の中を渡れるかもしれないが、常人にはまず不可能だ。
自分が人間らしい生活をしているのならば、
そういった粋の人間になることは難しい。
だから一つのことだけをやるのではなく、
生業としての得意分野を確保しながらいろいろなことをやった方が良い。
人間らしい生き方をするならそっちの方が良い。


「プロになれ」という言葉を耳にする。
何処かの漫画家もいっていた。
この言葉そのものはもっともだ。
しかしこれを聞いて次のように意識を持っている人がいるようだ。
「私は○○系に進むから××はいらない」
「私は○○のプロだから××はいらない」
僕も大学受験の際に「理系だから国語と社会はいらない」といっていたが、
世の中は何処で何が必要になるかわからないもので、
真面目にやっておけば良かったと今では思う。
また必要にならなくても知識として欲しいときもあり、
それが人間としての豊かさではなかろうか。
あと関係ないと思うことでも調べてみると
自分の得意分野と思わぬ類似点、関連を見つけることがある。
この場合は得意分野を高めるとともに、人間としての幅を広げることになる。


と、それらしいことを手当たり次第並べてみたが、
実情はともかくとして心意気くらいはこうありたい。

  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3.2 / 86 )

ゲーム機を持ち歩くこと 
金曜日, 5月 4, 2007, 09:28 PM - 戯れ言
ふと仕事の帰りにオモチャ屋に立ち寄った。
ゲーム機、ゲームソフト、プラモ、ラジコン、
ジグゾーパズル、パズル、人形といろいろとあった。
こうやって見ていると人が何に興味を持つかは変わらないのだなと思った。
ただ昨今のゲーム機やゲームソフトの数の増え方は尋常じゃないとは思ったけど、
そんなことはどうでもいい。
オモチャ屋の店内を見回ってて面白そうだと思ったものはあったけど、
買うまで欲しいと思ったものが少ないのは
僕が年をとったということだろう(そういうことにしておく)。

ふと見るとオモチャ屋の隅に座って携帯ゲーム機で遊んでいる子供がいた。
子供だけではなく高校生くらいが数人固まっているのもいた。
何処でもゲームで遊べるというのが携帯ゲーム機の利点であるわけだが、
何もこんなところでやらなくてもいいだろうと思った。
いってしまえば行儀が悪い。
まぁ行儀が悪いといってしまうのは僕がオールドタイプなだけかもしれない。
もっともスーツ姿でオモチャ屋をウロウロしている僕も変だな。

僕自身ゲームは好きだし、
ゲーム機を携帯できるサイズまで小さくする技術には興味がある。
でも出かけた先にあるものは携帯ゲーム機より面白くないと思い込み、
ゲームに勤しむというのは出かけた先に対して失礼ではないのかと思う。
もっとも出かけた先なんて人間ではないものに失礼というのも変な話だ。
まぁ僕もそういう時期があったから人の事はいえない。

何も面白いものが無いと思うような場所でも
視点を変えれば面白いと感じられるものはあると思う。
特にオモチャ屋なんかは見てみれば他に面白いものはいくらでもあるのだから、
そんなところに携帯ゲーム機を持ってきてまで遊ばなくてもいいだろうと思った。
そういう子供は面白いものはゲームしかないと感じているのだろうか。
もしそうなら寂しい子だと思うし、
親や周りの大人はその子に面白いものを教えることはできなかったのかと思う。
ゲームは面白いけど、ゲーム以外に面白いものもあるし、
ゲーム以上に面白いものもある。
それを子供に教えるのが大人の役目だと思うけど、
今の大人は教えられなくなってる「気がする」。
少し寂しい。

今の子供達にとって面白いことってなんだろう。
テレビ、芸能、映画、漫画、アニメ、ゲーム、
カラオケ、ボーリング、釣り、自転車、格闘技。
それとも女(男)?

  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3 / 796 )


Back Next