議論について思うこと 
土曜日, 12月 30, 2006, 04:18 AM - 戯れ言
テレビでいじめ問題について議論していた。
問題について議論する、それはおおいに結構だ。
「いじめを行う者を処罰しろ」という意見もある。
「いじめが起こるような学校側に問題がある」という意見もある。
「いじめられる側に問題があるのだからそちらを指導しろ」
という意見もある。
それぞれの人がそれぞれの意見を持つ、
そのことについてそれぞれ肯定も否定もする気は
「ここでは」ない。

しかし一つだけ気になることがある。
「いじめ」の定義ってなんだろう。
どの「いじめ」を取り扱った番組でも
「いじめ」の定義について触れているものがない。

「集団で無視する」という「いじめ」もある。
「集団で罵詈雑言をぶつける」という「いじめ」もある。
「対象の悪口を言いふらす」という「いじめ」もある。
「暴力を振るう」という「いじめ」もある。
「お金を巻き上げる」という「いじめ」もある。
第1,2,3者はともかく、
残りの2つは傷害罪や恐喝、強盗の罪という「犯罪」に該当する。
(第2,3者も「犯罪」になりうることもある)
僕は第1,2,3者を「いじめ」と認識している。「僕は」ね。
残りの2つは犯罪であり、被害を受けた際は
警察に被害届を出すのが筋だと「僕は」思う。

で、「僕の認識」なんかはどうでもいい。
ここで議論する気は無い。
僕が気になっているのは
「どれとどれをいじめとして扱うのか?」ということを
触れることもなく議論を行おうとしている人たちのことだ。

僕が理工系の学会に首を突っ込んでいたのもあるが、
議論をしたり論文を書く上で言葉の定義にかなり気を遣う。
語源がハッキリしている言葉は良いが、
特定の分野特有の言葉や新たに定義した言葉には
必ずその定義を明確にする。
そうしないと読む人や後の研究をする人が混乱するからだ。

少なくとも出演者の間で「何をいじめとするか」の
「共通理解」が狂っているのが見て取れる。
議論をするということはそれぞれの意見をぶつけ合うわけだが
お題である「いじめ」の定義を示してないのに
議論をしようというのは愚かだろう。

大学の授業でグループワークを行うとき
それぞれの言葉の「共通理解」の狂いが良くあった。
人それぞれ違う、だから共通理解が狂うことそのものは悪くない。
だから「ここではこの言葉はこの意味で行きますね」と
決めてから話を進める。
ここで言葉を強制すると自由が損なわれるとか
言葉を強制することに問題がある、とか言う人間は無視する。
たしかに言葉というのは大事だが、
議論をする上では大事なのは言葉よりその本質だ。
逆にいえば言葉(名前)なんか後で付け直せるんだから
議論の上では「本質が何であるか」が通じればよい。
(もっとも不用意に言葉を作ると言葉が一人歩きする危険もある)

少なくとも議論をする上では
「言葉の定義に関する共通理解」が欠かせないということだ。
僕は大学でこれを感じさせられることが多かった。
だから大学ではこれを大事に教えていると思っていた。
が、議論をしている人たちは
言葉の定義の共通理解の食い違いを整えることもなく、
気づくこともなく、自分の意見を述べている。
議論を始める前に「ここでは〜〜をいじめとして取り扱います」と
一言いえばかなりまともな議論になるだろうに。
(その程度でまともになると思ってる僕も子供か)

もう一個気になることがある。
わざと定義を曖昧にして議論を荒らした方が視聴率が取れる、
とかテレビの中の人が思っているのではなかろうか(推測)。
まぁ所詮資本主義で商売だから非難する気はない。
しかし、「もしこれが事実だとすると」
そういったことを行える日本を悲しく思う。


|ω・)
もしくはそうさせてる人間がいる?
てか酔って書いてたら長文になってるし・・・。
  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3 / 1034 )

ノートPCの掃除 
火曜日, 12月 26, 2006, 03:06 PM - 戯れ言
ThinkPad(ノートPC)からの異音に気がついた。
どうやらCPUのファンがホコリか何かで詰まっていたようだ。
買ってから2年半、外からダストブロアでホコリは飛ばしていたけど
分解整備は一回もしたことなかった。
この際だから分解整備をする。
IBMのサイトの分解整備マニュアルを見ながら
キーボードとパームレストを外す。
そしてCPUファンの当たりにダストブロアを吹き付け・・・
バフッ(゚∀゚)
舞い上がるホコリと吹き飛ぶ綿ボコリ、
机の上がホコリだらけになった。
そりゃこれだけホコリが溜まってたら
ファンから異音もするわな、と思いながら机の上を掃除した。
掃除を終えたThinkPadは異音が消え、以前に比べ静かになった。
教訓:たまには掃除しよう。


しかしまぁIBMや海外メーカーは分解整備や部品交換が
ユーザー保守として認められてるからいいけど、
国内メーカーのほとんどは
保証が切れるとかで掃除すらままならない。
さらに国内メーカーはキーボードが壊れただけで
キーボードを部品として送ってくれれば自分で交換するのに
「一回修理に出してください」などと言う。
そして保証期間外だと部品代に加えて高い工賃を要求してくる。

もっともドライバーすら握ったことないような人間が
そこら中にいる今の日本でユーザー保守なんか認めたら
進んで壊す愚か者が出てきて対処しきれないんだろう。
知り合いでドライバーを握ったことがないという人がいたので
「中学の技術でやってないの?」と聞くと
「家庭科しかしてない」と返ってきた。
調べてみるとどうやら話題の未履修問題の学校だったらしい。
まぁ学校の授業なんて適当にしか聞かないのも多いだろうけど、
全くやっていない人も本当にいるんだと思った。

なんにせよ
僕の当たり前は人の当たり前に含まれず
人の当たり前は僕の当たり前に含まれないということか。
やってらんねぇ(;´Д`)
  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3.1 / 132 )

野良猫にあった 
水曜日, 12月 20, 2006, 09:11 PM - 戯れ言
バイクで走りに行ったときに
よく休憩するところに野良猫が3匹いた。
一ヶ月ほど前からちょくちょく見ていたけど
どうやら住み着いてるようだ。
生粋の野良猫なのか飼い猫だったけど捨てられたのかはわからない。

郵便局員のおっちゃんが余り物の弁当をあげていた。
猫たちはおっちゃんに近づかないように
食べ物を持って行こうとする。
人を思いっきり警戒しているようだ。

3匹が一緒にいて仲がいいのかというとそういうわけではなく、
食べ物に関してはちゃんと力関係があるようで、
一匹だけほとんど食べれていなかった。
一緒にいるわけだから元々敵対しているわけではないだろうから、
食べ物が十分ならば喧嘩などしないだろう。
自分以外は敵と思わざるを得ない環境なのだろう。

一番弱いらしい黒ブチは食べ物の取り合いに負ける上に、
僕が食べ物をあげようと近づいても
食べ物を受け取ること無く逃げた。
この先の季節は寒くなるのにこの調子では
生きていけるのだろうか他人ながら心配になった。
まぁ所詮は野良猫だ。
こいつがのたれ死のうが僕の知ったことではない。
猫にしても僕に心配される筋合いなんかないだろう。
むしろ心配してやることが猫に対して失礼な気もする。
まぁどうでもいいことだ。

とりあえずお近づきのしるしに猫缶を贈呈した。
・・・
黒ブチよ。取りにくらい来いよ。(ノД`)
  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 2.9 / 993 )

無知が悪いとはいわんけど 
日曜日, 12月 17, 2006, 02:56 PM - 戯れ言
無知が悪いとはいわない、
だけど物事について無知のまま行動するのは悪いと思う。

物事はそれについて知っておかないといけないことがある。
それを知らないと自分や痛い目にあったり
他人を痛い目にあわせたり迷惑かけたりする。

包丁、ストーブ、車、バイク、PCといった道具もそうだ。
包丁は使い方を誤れば怪我もするし人も殺せる。
ストーブは一酸化炭素中毒について知らなければ人が死ぬし、
危険性を知らなければ火事にもなる。
車やバイクは速度が出るからぶつかれば相手も自分も怪我をする。
PCはインターネットが普及してからというもの、
様々なウイルスが出現し、
感染者にも他人にも「いろいろ」と迷惑をかける。
とくにウイルスは裏で動いて他人のPCを攻撃したりするから
知らないうちに他人に迷惑をかけることになる。

物事について知っていれば、完全ではなくても、
多くのことは避けることはできる。
しかし今の常識が溢れかえる世の中で
自分の関わるすべての物事について知ることは不可能だ。
そしてこの問題の回避は現実的に不可能だ。
だから物事について知っておかなければならないことは
最小限にしないとやっていられない。

ストーブはセンサーをつけて一酸化炭素中毒が
起こらないようにしたり、燃料がこぼれないようになっている。
車はぶつかっても中の人が怪我し難いようになっている。
PCは標準でアンチウイルスソフトが
インストールされてるものがほとんどだ。
ただどれも完全ではないし、
包丁とバイクは危険を認知した上で使用するしかない。

人が出来ることといえば、
物事を始めるときはそれについて出来るだけ知り、
新しい物事(物や道具)を作るときは
それについて知っておかなくてはならないことを
少なくなるようにすることしかない。
所詮人間に出来ることはその程度だ。


と、車で安全確認もせずに車線変更してくる人に
当てられそうになったり(今日の出来事)、
アンチウイルスソフトなしで「問題がなかった」と
いい張る人を見て思った。

ただ今のPC、
特にWindowsは知っておかなくてはならないことが多すぎる。
そもそもアンチウイルスソフトが必須という
状況を作り出したMicroSoftの責任もあるだろう。
Windowsは一般向けPCで
Mac、Linux、Solaris、BSD、UNIXに勝っているのだから
しっかりしてくれないと困る。
  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 3.1 / 978 )

爆裂タンク 
水曜日, 12月 13, 2006, 07:41 AM - プログラム
過去に作ったボンバーマンオンラインもどきのエンジンを使って
対戦シューティングを作ってみる。
弾幕シューティングの敵を操作できないかというのが
発端となったコンセプト。
基本操作はマウス+キーボードだけどキーボードだけでも操作可能。

http://www.cattaka.net/index.php?Bakutan

マップが狭いためか画面が爆風で埋まる。
マップを広くしようかなぁ。

そしてニューラルネットワークでAI作ってみるけどかなりお馬鹿。
まったく使えないわけじゃないけど、
有限状態機械とハイブリットにするといいのかなぁ。
  |  0 trackbacks   |  このエントリーのURL   |  related link   |   ( 2.9 / 103 )


Back